読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKATSUKA x HANEMAN TECH

コミュニティ、ワークスタイル、クラウドなどについておもいつくままに書きます

【日本語訳】AWS認定プログラム概要

 

 

AWS認定プログラムの概要

AWS認定プログラムは、AWSのサービスに関する、個人の知識、技術、専門性を証明するための認定資格です。本プログラムは、クラウド型のソリューションを提供するエンジニアリングにおける3つの主な役割 (ソリューション・アーキテクト、システム・オペレーター、デベロッパ) を中心に設計されています。また、本資格は、三段階 (AssociateProfessionalMaster) のレベルで取得することができます。AWS認定資格は、AWS技術を用いた、安全かつ高品質のクラウド型のアプリケーションを構築するための技術・知識を保証するためのものです。

 

引用文

「サムソンの様々なビジネスグループで稼働しているAWSクラウド上のプログラムには基幹プログラムが含まれます。そこでAWSのトレーニングは全社にとって非常に重要です。新しいAWS 認定プログラムにより、社員のスキル向上を認識できるだけでなく、パートナーがAWS ベースのアプリケーションを構築する確かな知識があるかどうかを判断できます。」
   - Seok-Kyun Choi, Head of Training Division, Samsung SDS

 

利点

AWS認定資格は、AWSを用いている個人に対して、その能力を証明するものです。AWS認定資格を取得すると、以下の利点があります:

AWSプラットフォーム上でのアプリケーション等の展開・管理に必要な技術・知識・専門性を証明。

・認定された技術・専門性によって、認知度・重要性が高まる。

・雇用主や同僚からの信頼を得る。

 

対象者

AWS認定資格は以下の方々を対象としています。

ソリューション・アーキテクト - AWSプラットフォーム上での分散型アプリケーションおよびシステムを設計できる技術者。一般的に、ソリューション・アーキテクトは、分散型アプリケーションの設計、コンピューター・ネットワークの構築、ITインフラストラクチャー、セキュリティー等に関する、幅広い分野にまたがった知識を有する。

システム・オペレーター - AWSクラウド上でのアプリケーションの運営に対して責任を持つ技術者。システム・オペレーターは、自身が運営するアプリケーションやサービスに対して、それがどのように設計、展開、オートメーション化されたのかを把握しており、管理やモニタリングを含めた深い知識を有する。

デベロッパ - AWSベースのアプリケーションを設計・構築する技術者。デベロッパーは、AWSプラットフォーム上でのアプリケーションの運営に関与する、または責任を持つ。

各々の専門レベルは、認定試験により定められます。

 

AWS認定試験

AWSは現時点で、AWS認定ソリューション・アーキテクト- Associateレベルのみを提供しています。その他のレベルおよび、デベロッパー、システム・オペレーターに関する認定資格については現在準備中です。

 

AWS認定ソリューション・アーキテクト - Associateレベル

AWS認定ソリューション・アーキテクト - Associateレベルの資格を取得すると、AWSベースのアプリケーションの必要条件を定義・識別する能力や、AWSプラットフォーム上での安全で信頼性の高いアプリケーションを構築するための最善の措置を実行できることが証明されます。本試験に合格するためには、以下の基本的な知識・技術が必要です。

 

AWSに関する知識

AWSのコンピュター、ネットワーク、ストレージ、データベースサービスを用いた実践経験

・大規模の分散型システムの設計に関する実務経験

[Elasticity]およびスケーラビリティーの概念の理解

AWSに関するネットワークテクノロジーの理解

AWSが提供する全てのセキュリティー機能・ツールおよび、既存サービスとの関連性に関する十分な理解

AWSサービスとAWS SDKsAWS APIs、コマンドライン・インターフェース、AWSクラウドフォーメーションとの相互作用に関する深い理解

AWSの展開およびマネジメント・サービスの実践経験

 

ITに関する基礎知識              

・多層アーキテクチャ: ウェブ・サーバー (ApachenginxIIS) 、キャシング、アプリケーション・サーバー、ロード・バランサーに関する優れた理解

・メッセージ・キューおよびエンタープライズ・サービス・バス (EBS)の知識

・ルート・テーブル、アクセス制御リスト、ファイアウォール、NATHTTPDNSIPOSIに関するネットワーク経験

 

リソース

試験の準備に向けては、[AWS Training]や、その他のリソースがあなたを援助します。

 

AWS Training

[AWS Training]は、クラウド型のソリューションを提供する技術者に対して、AWSのサービスおよびソリューションに関する専門性を高める手助けとなるように設計されています。

 AWS Trainingの詳細 » 

 

3日間のトレーニングコース、Architecting with AWSにもご参加頂けます。

お申し込みはこちら »

 

AWS Whitepapers

下記のAWS Whitepapersに関する復習には aws.amazon.com/whitepapers

をご参照下さい。

AWSの概要

・セキュリティー・プロセスの概要

AWSリスク・コンプライアンスWhitepaper

・クラウドのストレージ・オプション

AWSクラウドのための設計

 

試験の詳細

exam blueprint AWS認定ソリューション・アーキテクト - Associateレベルの試験に関する詳細を確認して下さい。

 

はじめよう

AWS認定試験は、世界中750ヶ所のKryterion 社のテストセンターで受け付けています。オンラインでのお申込み も受け付けています。

 

AWS認定プログラム規約

AWS認定プログラム規約をご確認下さい。