AKATSUKA x HANEMAN TECH

My diary of cloud computing, Community, working strategy.

AWSの女性ユーザーグループが歴史的な一歩!Vietnam AWS Community Day 2018 - Ho Chi Minh City

みなさんこんにちは、赤塚です。

前回投稿したタイでのAWSユーザーグループによる交流イベントに続き、今回は9月17日にベトナムホーチミンで行われたAWS公式のテックカンファレンス「AWS Community Day」に参加した様子をレポートいたします。

f:id:tech-haneman:20180917154845j:plain

ホーチミンへは成田からタンソンニャット国際空港まで約6時間程度、時差は日本から見て-2時間です。
通貨はVND (ドン)で、最小単位が200VND (約1円くらい)。硬貨はなく全て紙幣になります。
夜9時ごろ空港に到着して空港を出ると、出迎えやタクシーの客待ちなど、ものすごい人とバイクや車に圧倒されました。

f:id:tech-haneman:20180928162853j:plain

移動はタクシーやバスなどいろいろありますが、外国人にはライドシェアのGrabが便利です。
www.grab.com

空港からは街中まで車で20分。料金は500円くらい。
f:id:tech-haneman:20180928162917j:plain

GrabではUberのようにクレジットカード払いできる車のほか、バイクタクシーや現金払いでのタクシーも選べます。

ただし時間帯によってつかまりにくい場合もあり、特に深夜・早朝はクレジットカード払いではなく現金払いのほうが確実なようです。
ホテルのフロントから呼んでもらっても結局Grabを使っていたので、都市部であればとりあえずこのアプリだけあればなんとかなるでしょう。
バイクの川のようなものすごい交通量を体験してみたいならバイクタクシーがよいかもしれませんが、海外旅行保険には入っておくことを強くオススメします。

ホーチミンでの日程

  • 9/15: 各国のメンバーと合流
  • 9/16: APAC Community Leaders Meetup (ユーザーグループのメンバーのための交流イベント)
  • 9/17: Vietnam AWS Community Day 2018 (ユーザーグループによるAWS公式のテックイベント)

APAC Community Leaders Meetupは昨年韓国のチェジュ島で初開催されたユーザーグループのための国際交流イベントです。
AWS Community Dayはもともとアメリカ西海岸エリアで行われていたユーザーグループ主体のテックイベントで、アジアでは韓国のソウルでの開催を皮切りに、昨年からAPACエリアのユーザーグループ合同でも開催されるようになりました。

各国のメンバーと合流

集合場所
f:id:tech-haneman:20180915163350j:plain
日本・ベトナム・韓国・フィリピン・シンガポール・インド・タイの7カ国から約30名が合流して、ベトナム式?のウェルカムパーティーが行われました。
お久しぶりの方から初対面の方まで、みなさん和気あいあいと楽しい時間を過ごしました。
f:id:tech-haneman:20180915164101j:plain

みんなでごはん
f:id:tech-haneman:20180915181856j:plain

カラオケ
f:id:tech-haneman:20180915212516j:plain

APAC Community Leaders Meetup

イベントはミトーというメコンデルタの入り口にある場所で開催されました。
ホーチミンから車で約2時間ほど離れた場所にあるらしく、朝6:45分集合してさっそく出発です。

f:id:tech-haneman:20180916114248j:plain

ミトーではそれぞれのコミュニティーの紹介や観光ツアーなどを通して交流を深めました。

会場
f:id:tech-haneman:20180916122236j:plain

紹介タイム
f:id:tech-haneman:20180916131307j:plain

すでにイベント準備のためにチャットでのやりとりは頻繁に行われていたものの、やっぱり実際に会うのがいちばんですね。
プロジェクトの進め方やチームビルディングの方法など色々異なる部分もあって、当日までうまく伝わっていないような不安もありましたが、文化の違う7カ国もの混合チームがお互いの違いを乗り越えてギリギリまで調整しながら根気よく一つのイベントを作り上げる経験は、それだけでも大きな価値を感じました。

メコン川の前で記念写真 (着ているのは伝統的な農民の服だそう)
f:id:tech-haneman:20180928163955j:plain

Vietnam AWS Community Day 2018

さて翌日はいよいよ本番です。
会場はDreamplexというコワーキングスペースを併設したビルで、朝から約250名ほどの方が参加されていました。

今回の目玉はアマゾンCTOのWerner Vogels博士による基調講演で、AWSのMLサービス群の説明から事例の紹介など、日本ではなかなか聞けない大迫力のプレゼンを間近でみれました。

でかい!
f:id:tech-haneman:20180917110720j:plain

数万人規模のスピーカーの公演を間近でみれるだけでもベトナムに行く価値がありますが、各国から集まったスピーカーによるセッションも非常に高度で、コンテナ・サーバーレス・MLなど技術のトレンドに違いは感じません。

各国からのスピーカーたち
f:id:tech-haneman:20180917154216j:plain

なんと韓国のユーザーグループは大学生のHyun Joong Kimくんによる発表で、内容も英語のプレゼンもとても素晴らしかったです。韓国でもAWSのユーザー数は急速に増えており、ユーザーグループの活動も非常に盛り上がっています。
特にAWSやユーザーグループからの学生グループへの支援や、新しいメンバーを増やす仕組みが非常に工夫されていて、コミュニティ運営に悩んでいる日本のオーガナイザーにも参考になるのではと感じました。

Hyun Joong Kimくん
f:id:tech-haneman:20180917124744j:plain

日本からは小深田あゆみさんと田尻彩夏さんが発表

小深田さん
f:id:tech-haneman:20180917153834j:plain

田尻さん
f:id:tech-haneman:20180917170115j:plain

ヘプタゴンの立花さんからはAWSカルタのデモンストレーション
f:id:tech-haneman:20180928165331j:plain

カルタチームは会場側とギリギリまで調整して大変でしたが盛り上がってよかったです。
f:id:tech-haneman:20180917162141j:plain

そして個人的に一番印象深かったのは、日本・ベトナム・タイ・フィリピンの女性メンバーとの意見交換などの交流を通じて、アジアの女性によるテックグループが誕生したことです。

f:id:tech-haneman:20180917154845j:plain

南米やヨーローッパなど世界各地に女性のユーザーグループはありますが、私たちが住むアジアの中で国を超えた交流グループが生まれたことは、AWSがもたらしたイノベーションがビジネスのあり方だけでなく、エンジニアのキャリアや働き方を大きく変えることを証明する歴史的なできごとだったと思います。
APACでのコミュニティーの交流はますます活発になっていくでしょうし、各国の女性のパワーで新しいヒーローを生み出すたくさんのチャンスができることでしょう。

f:id:tech-haneman:20180928164409j:plain

日本は超高齢化と人口減少に突き進んでいますが、一歩外に目を向けるとベトナムには800万人都市のホーチミンシティーがあり、平均年齢も20-30代で、街中はスクラップアンドビルドの真っ只中、たくさんのことが猛スピードで走りながら進化しているような印象です。

私たちも大きく発展し続けているアジアの中で、居心地のいい組織や地域を飛び出し、大きな時代の流れの中でテクノロジーの進化やキャリアのあり方を肌身で感じながらリアルタイムにアップデートいくのがよいのではと感じました。

今年もまだまだ旅は続きます。それでは!

東北からLCCでバンコクまで行く方法(ドンムアン空港経由)2018年度版

みなさんこんにちは。

先日初めてタイに行ってきましたので、旅の記録をシェアしたいと思います。
タイは世界有数の観光スポットが多くあり、食事も観光もハイレベルです。
ぜひ遊びに行ってみてください〜。

タイの古都、アユタヤの遺跡

マハタート寺院 菩提樹に包まれた仏陀の仏頭
f:id:tech-haneman:20180628125439j:plain

ワット・プラ・シーサンペット
f:id:tech-haneman:20180628091950j:plain

宮殿

f:id:tech-haneman:20180712102421j:plain

さて地方からの海外遠征はハブ空港への効率的な乗り換えがキモになります。
場合によっては国内より韓国や台湾経由の方が楽な場合もありますので広い心と柔軟な計画を心がけます。
トランジットの先での食事やお土産も楽しむつもりで、移動自体を旅行として楽しみましょう。

今回の移動経路

往路
復路

移動経路は基本的にSkyscannerやExpediaなどで検索してみて現実的に乗り換え可能な路線を選択することになります。
LCCの深夜便など時間調整が必要な場合は無理せず成田で一泊するとよいかもしれません。

とりあえず仙台から成田をめざします
f:id:tech-haneman:20180711174400j:plain

また航空券と一緒にホテルも予約したいところですが、予定が変更になった場合に部分的なキャンセルができないリスクを考えて、場合によっては航空券とホテルは別々に予約します。
Booking.comやExpediaならギリギリまでホテルのキャンセルや日程変更可能なプランもありますので、ホテルは仮押さえとしておき、旅程が変更になったり他に良いオプションが見つかった場合はそちらに変更します。
ちなみにExpediaの方がBooking.comより価格が安く見える場合がありますが、支払い時のトータルは結局どちらも変わらないため、個人的にははじめから価格表示のわかりやすいBooking.comの方を利用しています。

LCCとの付き合い方

今回利用したAirAsia XはマレーシアのLCC会社で、日本国内からは成田のほか、新千歳・成田・羽田・関空から発着しています。
LCCのチェックインはどこも混み合うのでSkyscannerでまとめて予約ではなく、便だけ調べて直接航空会社のホームページから予約した方が、席も選べるしオンラインチェックインできて空港でも効率的かもしれません。

東南アジア各国に向かうLCCのロビー
f:id:tech-haneman:20180711174923j:plain

なぜならチェックインはスムーズに行けばEチケットを見せて荷物を預け、3分程度でOKのところ、多くの方が荷物の重量オーバーで窓口でスーツケースを開いたり、係員の方となにやら必死で交渉しているなど想像以上に修羅場と化すことがあるため、せっかく余裕持って空港に来ても食事やお買い物する時間がなくなってしまうからです。
私も予約ミスで1時間交渉したことがありますので人様のことは悪く言えません。

航空会社のサイトでは座席指定のオプションがいろいろ利用できます。

www.airasia.com

いよいよ搭乗です
f:id:tech-haneman:20180711174832j:plain

乗ってみた感想は普通のLCCで、食事や飲み物はすべて有料です。
みなさん事前に食べるか、ミネラルウォーターなどを買って持ち込んでいるようでした。
機内は寒いので夏でもパーカーなどあると良いでしょう。毛布の配布はなく有料です。
もちろん座席には電源やモニターなどありませんので、映画などを楽しみにされている方はスマホにダウンロードしておくのがよいでしょう。

個人的には深夜便は寝るための移動ですのであまりアクティビティは期待せず、ビールや読書を少々楽しみたい私はトイレに立ちやすい通路側を確保できればOKです。
この場合窓側のエリアではなく中央のエリアの通路側を選択すると、真ん中に座っている方は両側の通路を利用できますので、気の小さい私は隣の方のプレッシャーに悩まされずに済みます。

さて6時間ほどのフライトで深夜にドンムアン空港に到着し、両替や移動手段を見てまわったところ、以下のことがわかりました。

ドンムアン空港からバンコク市内まで

タイ王国に到着です
f:id:tech-haneman:20180711175036j:plain

両替

深夜でもOK。国際線の到着ロビーを出てすぐに見つかります。
その日のレートは0.2821とバンコク市内での0.2958と比べると低いので、空港内では移動のために3,000 - 5,000円程度両替しておき、家族旅行などでまとまった金額が必要な方は、観光がてら、バンコク市内のデパートや銀行で両替するのがよいかもしれません。

タイでは日本に比べて物価は安いですが、観光や食事で思ったより現金が必要です。 個人の旅行なら1日5,000円程度を目安に目的に応じて準備すれば大丈夫だと思います。

参考:タイでの両替レート

thaibaht.ryogae.com

ちなみに現在1バーツは約3円と、お買い物した感じは以下です。

  • 町中のカフェでのアイスコーヒーが一杯60バーツ
  • マッサージ1時間の相場がおよそ250バーツ(空港内だと750バーツ!)
  • 都心の大型デパートなどの物価が高めなレストランのランチでパスタとワイン数杯が550バーツ

日本食のレストランもたくさんあり、日本でメジャーな牛丼やカレー屋さんなどの相場は日本と同じなので現地の食事としてはやや高いのかもしれません。

Sim

こちらもOK。すぐ見つかります。
スマホしか必要ない方は各キャリアのローミングで、PCなど複数デバイスが必要な場合はモバイルルーターが便利です。
海外に行く機会が少ない場合は友達に借りるか、日本国内でレンタルしておくのがよいでしょう。

タイでのネットワーク事情はなかなか良く、日本で使っているモバイルルーターAterm MR05LN 3B」も快適に使えました。
SimはAmazonで購入したこちらを利用しました。
【AIS】4Gデータ通信 速度低下なし! 7日間使い放題 タイプリペイドSIM

http://amzn.asia/9WUdokq

ただ日本製のモバイルルーターがいつも渡航先で使えるかは微妙で、現地で手持ちのモバイルルーターの周波数が対応しているか確認するのは面倒ですので、「GlocalMe G3」など世界中で使えるデバイスを持っておくと安心です。

http://amzn.asia/9Hspc98

こちらは月額費用なし。国や地域ごとの通信パックを購入するか、従量課金で使うか、物理的なSimを購入して利用するかのどちらかを選択できます。

食事

国際線側は小さな売店やスタバが営業していました。
国内線側には若干、タイ料理屋さんやファストフード店が24時間営業しているようです。

国内線のフードコート。他のレストランは20時ぐらいに閉店。 f:id:tech-haneman:20180711175203j:plain

荷物の一時預かり

ロッカーはないのでLeft Luggageを利用します。
支払いは現金のみで約75バーツ/1日、場所は国際線と国内線の中間あたりで、Informationに聞いても教えてくれます。

空港内での休憩

国内線側でSleep Boxというシャワーやトイレ完備のビジネスホテルちっくな簡易休憩施設が利用できます。
深夜便のチェックイン前に休憩がてら使ってみたところ、価格は3時間で1,000円ぐらい。
部屋はホテル同様施錠できる完全な個室で、広さは日本のビジネスホテル程度、ベッドも快適でとてもよい休憩になりました。高速道路が近く、音は結構します。

現在は深夜もチェックイン可能になっていましたので、女性など夜間の移動が不安な方はあらかじめ予約しておくとよいかもしれません。

www.booking.com

その他ドンムアン空港の国際線到着ロビーから直結のホテルがあり、航空会社の方々はそちらを利用しているようでした。ただ旅行者がここでホテルを利用するくらいなら、日本でうまく時間調整して便利な便できた方が良いでしょう。

www.booking.com

移動

こちらも24時間OK。
到着ロビーを出ると客引きをしている怪しげなタクシードライバーが何名かいましたがそちらは絶対にスルーしましょう。

Grabがオススメ

タイなど東南アジアでのライドシェアはGrabがメジャーで、タイのライドシェアではこちら一択です。とても便利なので日本でアプリをダウンロードしてクレジットカード登録まですませておくとよいでしょう。
時間帯や場所によりますが、ハイエースなど大型の車も選択できますので、大人数での移動も安心ですし、何より暑いタイでクーラーが付いている乗り物はありがたいです。

バンコクに来たらGrabを利用しよう!GrabTaxi(グラブタクシー)の魅力を紹介!!|リーマンマイラーの楽しみ方

アプリで表示された乗り場に移動し、配車を決定します。
注意点は、タクシーとは違ってライドシェアの場合、空港など混雑するエリアで乗車位置がわからないまま配車を決定してしまうと、ドライバーに出会えない可能性がありますし、サービスによってはキャンセルチャージがかかってしまいます。
乗り場が分かりにくい場合は先に乗車位置を確認するようにしましょう。
どうしても分からない場合は以下のオフィシャルな空港タクシーを利用します。

タクシーの場合

タクシー乗り場の表示に沿って進むとすぐに受付があり、ホテル名を告げるとタクシーをアサインしてくれます。
こちらのタクシーは空港に手数料を払って正規に利用しているため、メーターもあってとても安心です。

目的地を告げる際にはBooking.comなどのアプリで現地の言語で目的地を表示しておくと確実です。
タクシーを手配してもらうと受付で乗車記録的な紙をもらいますので、ドライバーに渡したり無くさないようにしましょう。

タクシーでバンコク市内まで向かいます。メーターには初乗り料金の35バーツが表示されています f:id:tech-haneman:20180711175414j:plain

バンコク市内までは約1時間程度の移動となり、支払いの際にメーター料金+空港利用料の50バーツ+高速を使った場合は高速料金が上乗せされますのでその通りに支払います。
高速道路は便利なので聞かれたら断らずに利用してもらいましょう。タイではどのドライバーもかなり飛ばしてくれるので深夜ならあっという間に移動できます。

到着したら現金でお支払いです。費用はたぶん全部で数百円〜1,000円ぐらい。
その際数バーツなど細かいお釣りは受け取らないのがスマートかもしれません。
数バーツを日本に持って帰ってもしかたありません。現地の経済に貢献するよう心がけましょう。

その他、日中はバスや電車も利用可能です。
バンコク市内を走るBTSはとても便利ですが、国鉄など普通の電車はスピードが遅いので都内のような感覚で乗ると驚くと思います。
どちらも利用は簡単です。ローカル感を味わいたい方や、費用をとにかく抑えたい方はチャレンジしてみるのもよいでしょう。

タイ中央駅(フワランポーン駅) f:id:tech-haneman:20180628085438j:plain

レンタサイクル(車とバイクが多くて乗れる気がしない) f:id:tech-haneman:20180711175617j:plain

電源

タイの電圧は220Vです。
機器によっては変圧器が必要となりますが、iPhoneMacはそのままでOKです。プラグも日本のものでOKでした。

以上、お金・移動など基本的な情報でした。
その他外務省やタイ政府のページに目を通しておくと基礎的な知識は得られると思います。

www.anzen.mofa.go.jp

www.thailandtravel.or.jp

それでは良い旅を!

祝クラウド婚 In Thailand! バンコクに世界中から祝福のメッセージが届いた日

みなさんこんにちは。

今回は縁あってAWS User Group ThailandのリーダーのVitさんTakさんの結婚パーティーにお呼ばれしてきましたので、その様子をレポートいたします。
コミュニティを通じて知り合った仲間の大切な日にお呼びいただき、言葉にならないほど素晴らしい機会になりました。
VitさんTakさんありがとう!

f:id:tech-haneman:20180709105735j:plain

参加したのは3月に日本で行われたイベントで一緒だった日本と韓国のAWS User Groupで交流のある合計10人のメンバーです。
なんと光栄にも私に新郎新婦への祝辞を伝える機会をいただき、祝辞と共に有志の方々と準備してきた世界中の友人・お世話になっている方々から頂いたお祝いのメッセージを寄せ書きにして手渡してきました。

豪華なメンバー!
ご協力くださったみなさま、ありがとうございました!

f:id:tech-haneman:20180704211237p:plain

パーティーの様子

今回参加したのはバンコクのサイアムという地区にあるSiam Kempinskiホテルでの洋風なパーティーで、参加者は300人以上、ご親族・仕事関係の方々・ご友人がドレスやスーツでドレスアップして参加されていました。

受け付けで並んでいます
f:id:tech-haneman:20180704212223j:plain

伝統的な式は別の日程で行われており、日本の披露宴にあたるのが今回のパーティです。
ここはパラゴン モールなどが近い都心部にある五つ星ホテルで、会場は今まで経験したことがないほど豪華で大人な雰囲気です。
ここでスピーチすると思うとプレッシャーを感じずにはいられません。

正面が新郎新婦とご両親、センターのステージを挟んで参加者の席
f:id:tech-haneman:20180704212331j:plain

ご招待を受けて特に印象的だったのは、招待状にカラーコードがあり、指定された色の服を着て参加する点です。
ドレスコードを合わせて全員で祝福ムードを盛り上げるのも素敵ですね。

招待状のカラーコード f:id:tech-haneman:20180704212740p:plain

そして受け取ったカラーコードは白・ピンク・パープル・紺・ゴールドでしたので、我々もそれっぽい服装を選びました。
日本メンバーは現地の気候を想定して沖縄のかりゆしウェアを選んでみたのですが、実際に行ってみると女性はカラーコードを意識したドレスを着ているものの、男性はスーツにノータイの方がほとんどでした。

日本では女性は特に白を避けたり、新婦より派手にならないように気を使いますが、こちらではゴールドのドレスの方もいらっしゃるほど、華やかにドレスアップする方が良いように感じました。
ただ地域によってはもっとカジュアルな会もあるようで、参加者はその時々によって合わせるのでしょう。

f:id:tech-haneman:20180629213710j:plain

全体のプログラムは新郎新婦オリジナルの内容だったそうで、素敵なお二人らしい暖かくて落ち着いた雰囲気のパーティーでした。
参加者がほぼ集まると食事が始まり、緩やかにスタートします。ワインはご親族の方のチョイスだったそうで、食事と合ってすごく美味しかったです。
新郎の挨拶やお祝いのパフォーマンスなど、華やかな雰囲気でパーティーは進みます。

f:id:tech-haneman:20180704211740j:plain

そして祝辞

メインの食事のあと、新郎新婦を紹介するムービーがはじまり、ご親族の挨拶や乾杯・友人代表スピーチが行われます。

まずはご親族の方から
f:id:tech-haneman:20180704213128j:plain

パーティーはクライマックスを迎え、なんと最後のスピーチは私。。。
実は自分の結婚式の挨拶でも緊張して大変だったのですが、タイの皆さんに暖かく迎えていただき、一緒に参加した皆さんの応援のおかげでなんとか世界中の友達からのメッセージを伝えることができました。

f:id:tech-haneman:20180704213209j:plain

ほっと一息。ご心配おかけいたしました 笑
f:id:tech-haneman:20180629220009j:plain

みんなで海外の友人の結婚式に来れるなんて!
f:id:tech-haneman:20180629211628j:plain

そして翌日。まだまだ旅は続きます。

早朝からバンコクから車で3時間弱ぐらいのところにあるHua Hin(ホアヒン)リゾートに移動してタイ・韓国・日本合同の交流イベントです。
全員での自己紹介を兼ねたライトニングトークや、普段行なっているコンテンツの紹介を行います。

f:id:tech-haneman:20180630150813j:plain

みんな母国語ではない英語で発表を行うだけでなく、アジェンダの作成から会場の設営・司会進行などを行う中でお互いへの理解を深める機会になります。
こういった活動が国際的なスピーカーを生み出すだけでなく、個人や一企業ではできないような、大きなステップを現実にする国際理解と協力関係の基礎を作るのかもしれません。

浜辺でディナー!

f:id:tech-haneman:20180704213823j:plain

Cicada Market (シカダナイトマーケット)を散策

f:id:tech-haneman:20180630204253j:plain

翌朝は日の出を見て朝食の後、早い便の我々は後ろ髪を引かれつつバンコクへの帰路につきます。

f:id:tech-haneman:20180701060946j:plain

今回初めてタイに来る機会を与えてくれたVitさんTakさん・コミュニティの繋がりに感謝です。
バンコクで活躍している起業家やエンジニアもとても感じがよく優秀で、若くて技術のある方々が国や地域を超えたコミュニティの交流を通じてさらに活躍していくのも、クラウドの生み出す価値の一つなのかもしれません。
私もコミュニティに参加する一人として、アジアのコミュニティがさらに発展できるように貢献していきたいです。

f:id:tech-haneman:20180701072118j:plain

それでは!

追記

以下は披露宴出席時のマナーなど、極めて日本人らしい悩みですがもしお呼ばれする機会があればご参考まで。

ご祝儀

ご祝儀を渡すタイミングは受付の時で、流れに乗って備え付けの箱に入れました。
初めての経験でしたので、ご祝儀が必要なのか、相場はいくらなのかタイに詳しい方やブログなどで調べつつ、ご祝儀プラスいくつかのサプライズを用意してお渡しすることにし、ご祝儀袋は日本スタイルで出すことにしました。
せっかく日本から参加しているのですから、その方が珍しくていいかもしれませんね。
ちなみに地元の方も封筒に入れているようでした。

席次

その時によって違うと思われますが、今回はご両親と新郎新婦が正面のテーブル。
日本的な席次表はなく、ご親族など関係の深い方々のテーブルが前の方にある感じでした。
印象的だったのは、会場の真ん中に円形のステージがあり、そこで音楽や踊り、祝辞が行われていた点です。

スピーチ

今回順番が最後でよかったのは、ほかの方が話している様子がよく見れた点で、日本ではお馴染みの「どうぞお掛けください」的なくだりはなく、新郎新婦は立ってスピーカーのお話を聞かれていました。
こちらも会によって違う可能性があるので親しい人に聞いてみるのがいいかもしれません。

移動

タクシーもありますがGlabがとにかく便利です。
10人乗りのハイエースなども格安でチャーター可能。1時間ぐらい乗っても2,000円ぐらいです。
アプリの設定は日本でして行くのが良いと思います。

お金

観光しているとカードより現金が必要なことが多いです。
まとまった両替をする場合はパラゴンなどバンコク市内で行う方がレートが良いです。

WordPress界隈のブログを全部読んだ感想とコミュニティについて学んだこと

みなさんこんにちは。

お世話になっていていつもウォッチしている日本のWordPressコミュニティから今週立て続けにブログがポストされました。

WordPressに関する様々な情報を発信しているメディア「Capital P」より

capitalp.jp

今回のコミュニティ運営上の課題の内容についてはこちらで書かれている以上のことはわかりませんが、個人的にはアウトプットされているブログから学ぶ点がたくさんありましたので考えをまとめてみたいと思います。はてなブログですけど...

特に印象的だった点は以下です

  • オンラインでの議論について、他の人の意見への条件反射ではなく、一旦自分のスタンスを整理して表明することに集中している点
  • インターネット上で個人が責任持ってアウトプットしている内容は、地域ごとのコミュニティの枠を超えて、所属しているコミュニティ全体を成長させるための貢献に繋っている点
  • 表明した方の何人かはすでに次の行動を始めている点

ちなみに私がWordPressコミュニティをベンチマークとして影響を受けているのは以下のポイントです。

影響を受けている点

  • 新しい参加者を巻き込みサポートする仕組み(スカラーシップや運営体制)
  • 地方や小規模なコミュニティの可能性
    冒頭で紹介したCapital Pの記事を書かれた西川さんのバンコクでのブログや、地方での大規模イベントの意義について
  • 国際的なイベント開催のヘルプ
    キーパーソンに繋げてもらったり、現地でサポートしてもらったり、日本のWordPressコミュニティがなければ今のAWSコミュニティの活発な国際交流は無かったかもしれません。

参考)特にこのへんその1

nskw-style.com

参考)特にこの辺その2

tech-haneman.hatenablog.com

特にウォッチしている点

  • 国際的な点(元々海外のプロダクト)
  • 同じような運営上の成長や課題を先に経験している点
  • ブログでのアウトプット
    失敗も含めて他のコミュニティの方にも教えてくれる。まさにオープンソース

このような影響を受ける理由は、技術的なレイヤーに相互関係があったり、運営メンバーに行き来があるだけでなく、WordPressというオープンソースのコミュニティと、AWSというクラウドベンダーのサービスに対するファンコミュニティがインスパイアされる共通点が、テクノロジー民主化にある点だと思います。

f:id:tech-haneman:20160906161527j:plain

そして今回のたくさんのブログは、WordPressというオープンソースのプロダクトを多くのコントリビューターのアウトプットによる貢献が支えているコミュニティらしく、参加者個人個人が考えをアウトプットすることで未来を作ろうとしているように感じました。

WordBenchという看板は9月に終了するそうですが、これから新しく日本のWordPressコミュニティの未来をリードする方々が、これまでコミュニティが培ったメインブランチに詰まったスピリットを引き継ぎ、今回のブログというクリエイティブなプルリクをマージして行くのかもしれません。

We are our choices.
これからも尊敬する素晴らしいコミュニティの発展を心から応援しています。

それでは!

How we’ll expand the worldwide AWS user community? JAWS DAYS 2018 report

Hi, I’m Seiji. I attended JAWS DAYS which is the biggest annual event of Japan AWS User Group (JAWS-UG) as a staff and a speaker for this year again. The catchword for this time is “No borders”. I felt that JAWS DAYS has been refreshed by new members. Especially, thanks to lots of International guests and volunteer staff, it has more internationalize than before.

f:id:tech-haneman:20180326210742j:plain

Event summary:

  • Date March 10, 2018
  • Website https://jawsdays2018.jaws-ug.jp/
  • Volunteer members 150+
  • Speakers 80+
  • Entrants 2,000+
  • Attendees 1,400+
  • Company supporters 32
  • Media supporters 3

f:id:tech-haneman:20180310191857j:plain

The most impressive thing for me was that I had a lot of chances to talk and having collaborations with our special International guests who is AWS Vice President & Chief Evangelist Mr. Jeff Barr and many other famous technical evangelists, managers and Asian AWS User Group organizers. It has also made our event more interesting for many nationalities people who live in Japan. Because it had been difficult for them to attend event which was held all in Japanese language.

f:id:tech-haneman:20180310130025j:plain

f:id:tech-haneman:20180310165442j:plain

And I was given an unexpected chance to deliver presentation as a keynote session. I talked about two things. The first thing is the power of our community that I learned from leaders like my “Jedi Masters” since 2013. I’d like to share these things with many people in the world as I was given from my Jedi Masters.

f:id:tech-haneman:20180310101119j:plain

The second thing is my proposal for AWS to expand our International community relationship. The idea is making new service “AWS Global Community Support Program”. It's a supporting program for worldwide user group to develop International relationship.

f:id:tech-haneman:20180326211146p:plain

Some Asian AWS User Group member and I were invited to AWS Summit Seoul, AWS Summit Beijing and AWS Community day in Seoul as official speakers. These were great chances to get deepen engagement with each other and it has been a driving force to growth Asian User Group.

f:id:tech-haneman:20180326211616j:plain

I hope it won’t be a moment, it will be the movement of the worldwide community. I hope AWS expand these chances as an official service, and will be shared with young people who want to learn technologies through AWS, and they will become new Jedies by that service. So, I honestly hope my idea will be realized someday. It's so cool, Isn't it?

f:id:tech-haneman:20180326211218p:plain

No borders, onwards! Thanks.

AWS User Group Leader Workshop というもう一つのre:Inventと2018年の抱負

2017年は私にとって多くの方からたくさんのチャンスを頂いた年でした。
韓国や中国のAWS Summitからご招待いただいてのイベント出席や登壇、海外のAWSユーザーグループとのコラボレーションのおかげで、日本だけでなく多くの国や地域の方々との繋がりが生まれ、さらに新しいチャレンジの可能性を感じられるようになりました。

f:id:tech-haneman:20180103223748j:plain:w450

韓国
f:id:tech-haneman:20171013185133j:plain:w450

中国
f:id:tech-haneman:20170726204257j:plain:w450

日本
f:id:tech-haneman:20170321221703j:plain:w450

中でもre:Invent2017で行われたAWS User Group Leader WorkshopでのLT(Lightning Talks)登壇は今まで登壇した中で一番シビれる体験で、これまで仲間と参加してきた個々のイベントが一つに繋がったように感じました。
f:id:tech-haneman:20180103214942j:plain:w450

去年ボツになった企画

実は2016年にもre:Inventの際に似たようなLTイベントの企画を作ってAWSのワールドワイドユーザーグループの主催者にメールで連絡を取り提案したのですが、残念ながらすでに別の企画があって実現までは至りませんでした。

今回は事前にアイデアの募集があり、ここで改めて提案した甲斐があったかどうかは不明ですが、ついにLTが実現されることになりました。

なぜLT?

LTにこだわっていたのは、一つのセッションが5分と短くたくさんの方がチャレンジできるフェアな点と、発表者が工夫して短時間に凝縮されたメッセージは参加者に響きやすく、コミュニティのコアになっているパッションを伝えやすいため、そして何より参加者がいろいろなパターンのセッションを聞けて盛り上がるからです。

一つ目の幸運

幸運にも世界で5枠中、日本の登壇枠が割り当てられ、日本のユーザーグループでもスピーカーの応募が始まりました。
候補者の決定は投票制で、名前ではなく発表内容のみ公開されるため、私はすでに考えていた内容で応募しました。

[ タイトル]What's the Power Of The JAWS-UG(仮)
[ポイント]
* 日本コミュニティが50を超える支部ごとに分かれたマイクロサービス的なスケールアウト手法でスケールに成功し、海外にも交流の場を広げている点
* それらが集まってJAWS DAYSなどAWSで社会にインパクトを与えるようなイベントを続けている点
* 会場の参加者と一緒に今日をワールドワイドなユーザーグループが繋がって未来を作るDay1にしたい

しかし投票でスピーカーが決定するのは渡航の数日前だったため、決定を待ってからネタを作って練習していたら移動時間や時差ボケもあって間に合わないと思い発表を待たずに準備をはじめました。

スクリプトはフィリピンに住む英語の先生にGoogle docs上でネイティブチェックをしてもらいます。
内容を読んだ先生の反応もそこそこ良かったため、もし選ばれず今回のネタを捨てることになっても、どこかで役に立つだろうと思って準備を進めました。
あとは一人で時間を計りながら何度も練習を重ねてブラッシュアップする作業が続きます。

二つ目の幸運

ありがたいことにたくさんの方に投票していただき、晴れて登壇の切符を手にしました。
主催者から送られてきた発表者へのオーダーはこちら。要するに一枚のスライドでTEDスタイルの発表です。

Length: these will be short, 5 minute max, lightning talks. Very informal, meant to give a quick overview of some success stories & tips from your UG (and then hopefully sparking deeper conversation around that topic).
Only one slide: each of you can have 1 cover slide with an overview of your UG, key stats, etc. Other than that, no slides, let’s keep this simple!

スピーカー
  • Value of Larger Community-led Events - Thorsten Höger, Stuttgart AWS User Group
    f:id:tech-haneman:20180103214142j:plain:w450

  • Keeping Momentum in a Large User Group - Margaret Valtierra, Chicago AWS User Group
    f:id:tech-haneman:20180103220055j:plain:w450

  • Expanding Your User Group to Multiple Cities - Anders Bjørnestad, Norway AWS User Groups
    f:id:tech-haneman:20180103220226j:plain:w450

  • What’s the growth strategy of JAWS-UG - Seiji Akatsuka, Japan AWS User Groups (JAWS-UG)
    f:id:tech-haneman:20180103220142j:plain:w450

  • Building an Online Community - Fernando Honig, AWS en Español Online Meetup
    f:id:tech-haneman:20180103220254j:plain:w450

話した内容はこちら。

www.slideshare.net

Hi, everyone. I'm Seiji Akatsuka. I'm a member of organizing team of Japan AWS User Group.
First of all, Thank you very much for giving us such a great opportunity.

I live in Northeastern part of Japan. It’s a countryside and was difficult to learn AWS before joining the community. Is there anybody who knows this area in Japan?
But I think that lots of people may know that the great earthquake and tsunami waves in March 11, 2011. It struck off in this area.

After that, lots of people around the world helped us as volunteers, giving donation etc. Of course, our original member also worked as volunteer through community. For example, they migrated Japan Red Cross's website to S3 hosting and CloudFront. Because the website had been hanged up by huge amount of access by people need help or want to give help from all over the world.

They did it only for 30 mins though most of people thought that it's never possible in that serious situation. It taught us that we have 2 of super powers. The first one is AWS technologies and second one is strong relationship of the community. It connected me to the community as well.

Now, we have over 50 branches in all over Japan including countryside, and they are running individually like microservices architecture. It can easily scale out the community and keep us for being enthusiastic. So we can keep holding an annual big event named JAWS DAYS which have more than 1,000 of attendees including many nationalities. It connect a lot of people to the community and we can find new heroes from this event to foster innovation.

And recently, we've started to collaborate with other UserGroups which in other countries. Especially in this year, some UserGroups in APAC areas and we held a meetup event in Korea. We shared knowledges, experiences and passion with each other. Korean UserGroup team hosted it and offered us a lot of things to held that event. So now, AWS APAC community connect us to the International relationship where ever we live.

Lastly, we'd like to contribute more to our friends and expand friendship with all of you. So, let's have fun the whole week together. It's still day1 for developing the AWS world wide UserGroup which can connect everyone who loves AWS like us.
Thank you very much!

たった7パラグラフの発表のために大げさですが、一緒に参加した日本のみんなに喜んでもらえたことと、世界中から集まったアジア・アメリカ・ロシア・ヨーロッパなどなどたくさんのオーガナイザーの皆さんから顔と名前を覚えてもらい、話しができたのはとても大きな収穫でした。
やっぱり100回の参加よりも1回の登壇ですね。
f:id:tech-haneman:20180103220343j:plain:w450

なぜ国際交流?

ユーザーグループが行う国際交流の大きな価値の一つは、地方でも都市部でも、住んでいる場所や所属に関係なく、フラットな立場でアイデアを出し合いながら一人ではできない大きな機会を作り出せる点だと思います。 またその過程でお互いの文化や政治、社会の優先度の違いを知ることは、人種や性別など表面的な違いを超えた重要なソフトスキルでもある本質的なダイバーシティのあるチームワークについて学ばされますし、彼らとの会話の中でより日本人としての自分についても考えされられます。

抱負

一つ一つの物事がつながって、来るべき時にその5分のチャンスは来るのでしょう。これからもその時がいつ来てもいい自分でありたいです。
スピーチの内容どおり、世界の仲間から頂いたたくさんのご恩に少しでも恩返しできるよう全力で貢献していきます。

f:id:tech-haneman:20171128000139j:plain:w450

まだまだ旅は続きます、それでは!

The most extreme way of sharing Community Best Practices with AWS Community leaders in APAC.

Hi, I'm Seiji. This is a report about an International AWS User Group event which was held by APAC area leaders in Seoul and Jeju Island last September 21 - 23.
This event was a historical event I haven’t attended before. Because it was planned by 8 communities organizers in APAC almost through online.
First of all, Thank you very much Korean team for giving us a lot of support, activities and great experiences.
f:id:tech-haneman:20171013185133j:plain

September 21, 2017

Firstly, I attended these events with some organizers from Japan and other nationality members from Korea, China, Singapore, Vietnam, India, Thailand and Philippines.

  • AWS DevDay 2017
  • AWS Community Day (APAC)

I reported these reviews in another article (Japanese).

blog.serverworks.co.jp

Movieclips

www.youtube.com

www.youtube.com

These are the Japanese atendees.

  • Mr. Takuya Tachibana (CEO of HEPTAGON) form Aomori branch
  • Mr. Hidetaka Okamoto (Engineer of DigitalCube) from Kyoto branch
  • Seiji Akatsuka (Serverworks) from Yamagata branch (Yours truly)

September 22, 2017

AWS APAC User Group Meetup 2017
I woke up at 5am to go to GIMPO INTERNATIONAL AIRPORT by taxi with Japan team. It took us about an hour and about 50,000W to get there. Between Seoul to Jeju island is one of the most busiest airline in the world. So, we can take airplane for almost every 5 minutes.
I booked T Way Air which is an LCC through its Japanese website and got the ticket at the counter very easily.
f:id:tech-haneman:20171013172859j:plain https://www.twayair.com/

Finally, I arrived at Jeju Volcanic Island and started the event "AWS APAC User Group Meetup 2017" for 2 days!

This is the purpose of this event.

Sharing Experiences.
AWS Community Leader Meetup (APAC) is leader-focused closed event discussing to build community and operational know-how learning from local activities. We can hear lots of ideas and understand cultural differences, choose the best practices and apply them to your community. We could do opening talk and introducing each communities, ice-breaking band networking party. We had similar joint-events among JAWS-UG, AWSKRUG and Singapore UG together.

Move to the venue

We started to move by bus which has a tour guide. He was funny man and could talk in Korean, English and Japanese fluently.
f:id:tech-haneman:20171013181213j:plain

At Kakao Corp. Office

https://goo.gl/maps/QYfyXPyDcA82
f:id:tech-haneman:20171013182436j:plain

Kakao Corp. is one of the largest IT company in Korea which has major texting app Kakao talk and many other services. I'd like to try their ride-share service Kakao Mobility next time.

Chat app Kakao raises $437M for its Korean ride-hailing service | TechCrunch

Mr. Channy Yun (AWS tech evangelist in Korea) took us to an office tour. Actually, Kakao is his previous company. He told us that a lot of people move from Seoul or other areas to Jeju island to work. So, there is a kindergarten, a farm and many other places for live and work comfortable.

That interesting arch-shaped building is the kindergarten.
f:id:tech-haneman:20171013173841j:plain

We took a rest at the cafe and had lunch at a dining room.
f:id:tech-haneman:20171013174001j:plain

Community Best Practices -AWS APAC Communitiy Free Style Lightning Talks Jam-

Thanks to Mr. Channy Yun, we could use Kakao seminar room as the venue.

Hidetaka and I brought an instrument which called Dora to keep time in Japanese style.
We decided to take turns of Lightning Talks randomly and start taking 5-min. presentation.
f:id:tech-haneman:20171029130719j:plain

It's Lightning Talks time by all of attendees to share culture, know-how, trend and our passion. The most important thing of community is passion or enthusiasm. And I'd say that Lightning Talks was one of the best way to share our passion with all attendees.

All of the sessions were high level!
f:id:tech-haneman:20171013181915j:plain

I was amazed by what He showed with his presentation as a University student!
f:id:tech-haneman:20171013181021j:plain

And the final presenter was Takuya. He introduced AWS Karuta card game. Karuta card game is a traditional card game in Japan. To play this game, someone read the card describe something and other people find the card drawn about it. And AWS Karuta game which created by Shingo Yoshida who is an organizer of Yokohama-branch, Amazon Polly read the card describe some AWS services and people find the card printed its icon.
https://github.com/jaws-ug/AWS-Karuta
f:id:tech-haneman:20171013174152j:plain

The APAC champion is Vit Niennattrakul from Thailand! Takuya presented Karuta game card set for Thailand UG and other high score UGs.
f:id:tech-haneman:20171013174210j:plain

AWS User Group Vietnam forked our first version and shared cool service below! They are amazing!
https://karuta.awsvn.org

Nexon Computer Museum

http://www.nexoncomputermuseum.org
https://goo.gl/maps/Na3gCQwDhDD2

We could see many previous computers, devices, and a lot of games like Family Computer, SUPER Famicom, Game Boy, etc.
We played these games and took a rest at the cafe.
f:id:tech-haneman:20171013174524j:plain

Check-in for a Rental Cottage & BBQ dinner party

https://goo.gl/maps/YdtcFcMkjt32

The Cottage located in a quiet and calm atmosphere was so comfortable. It had a nice garden, full kitchen, washing machine and 2-bedrooms.
f:id:tech-haneman:20171013182028j:plain

Then, we talked about differences and similarities of culture in each countries. These are quite interesting for us to learn about each other.
* Especially China, Korea and Japan have lots of similar words. For example, appreciation is quite similar sound in these countries.
* To call someone by her/his last name is impolite way in Korea but it's opposite in Japan.
* Good manners for elderly people in each countries.

f:id:tech-haneman:20171013174821j:plain

And Karaoke machine was brought into the cottage for International Karaoke party! People spent their time singing, talking, sleeping do as they want. Actually, it was the most peaceful and impressive experience for me in this trip.
f:id:tech-haneman:20171013174910j:plain

September 23, 2017

We got up at 7am and had breakfast to leave the cottage by 9am.
Juk (Korean oatmeal) and Kimchi (Korean pickles) were very nice.

Let's go to today's activities!
f:id:tech-haneman:20171013174941j:plain

Morning walk around the beach.

Jeju is a Volcanic Island so there are lots of Lava stones like in Hawaii.
f:id:tech-haneman:20171013175003j:plain

Walked arond Hanlim Park and had lunch

https://www.tripadvisor.com/Attraction_Review-g297885-d2204895-Reviews-Hallim_Park-Jeju_Jeju_Island.html
https://goo.gl/maps/wvrZXN6yaox

Mr. Channey took us a picture, such a best place.
f:id:tech-haneman:20171013180035j:plain

Huge Lava Tubes, Interesting Shaped Lava Stone and Bonsai Garden

Cave
f:id:tech-haneman:20171013180350j:plain

Interesting stones
f:id:tech-haneman:20171013175348j:plain

Kaonuki-panels
f:id:tech-haneman:20171013180408j:plain

I had Bibimbap and Korean Rice Wine.
f:id:tech-haneman:20171013175324j:plain

Rolling down from the hill at Big Ball Land

https://www.kkday.com/ja/product/12290
f:id:tech-haneman:20171013175610j:plain

I tried it with Mr. Jacky Chan from Shanghai. It's a bit tough activity for us because of Korean Rice Wine.
f:id:tech-haneman:20171013180445j:plain

O'sulloc tea museum

https://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=7573

We took a break and went shopping after outdoor activities. Jeju island is famous with green tea as well. And I'd like to highly recommend you to have green tea ice cream.
f:id:tech-haneman:20171013175522j:plain

Some people left the tour to take their early air flights. See you soon!
f:id:tech-haneman:20171013175539j:plain

Yongmuri-coast (Sanbang-san)

http://jto.ecatalog.kr/webzine/view.php?wcd=4&wcode=1311&wno=&langchg=jp
https://goo.gl/maps/eTASdAbSX2p
f:id:tech-haneman:20171013175707j:plain

Our final activity is walking around the park made by lava rock sculpted by strong waves. It was the best weather while we stay in this island.
f:id:tech-haneman:20171029130803j:plain

Time flies so fast! We arrived at the airport to go back to our countries.

I went back to Seoul to transfer with Mr. Takuya and Mr. Hồ Việt Anh CEO of OSAM in Vietnam. We talked about business, hobbies, and community while having dinner.

We exchanged our jackets as a souvenir from the event which has a sign from each countries before we leave. Thank you Mr. Hồ Việt Anh and see you again soon!
f:id:tech-haneman:20171013175759j:plain

Lastly, this trip taught me possibilities of the community and importance of basic relationships among our countries. And I'd like to develop our relationships for our more peaceful future.

Thank you for everything my friends!
See you again In re:Invent!